【ネイティブ生英語】 ワリカンにしよう!

こんにちは! キャンピリ由貴です。

日本語で、
なが〜〜〜〜〜い

おっきい、
のように

「〜」や「っ」を使って
強調することありますよね。

これ、英語ならどう書くのか??
続きはのちほど^^

今日の【生英語】は読者の方からのリクエストです^^

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

このブログでは
中学生レベルの知識でバッチリ使える!
ネイティブの自然な生英語をお届けします。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

英語のフレーズ
いろいろ憶えたはずなのに
いざとなるとパっと出てこない…
そんなあなたにお届けする

今日のネイティブ生英語は

ワリカンにしよう。

ワリカン、って英語で??

これももちろん
あなたの知っている動詞で言えちゃいます^^

Let’s share the bill equally.

【今日の音声】

今日のポイントは…

丸ごと憶えてしまえばOK!

中学校では出てこなかった単語もあるかも知れませんが、

share は既に「シェア」としてカタカナ語になっているので、
イメージはつくことかと思います。

また、equally というのは equal(=)なので、
平等・公平・同じ、などの副詞で
平等に、公平に、等しくなどの意味です。

bill は請求書

アメリカでは bill→check と言います。
アメリカでの bill=紙幣 です。

とはいえ、
どちらの国でどちらの単語を使っても、
状況がはっきりしていれば通じるでしょう。

今日の

Let’s share the bill equally.

はレストランやバーで大活躍の表現。
この状況ならこの意味しかない
ということですね^^

これで、

Let’s share the bill equally.

も、中学英語でバッチリ!

「みのきち」さん、
ありがとうございました^^

さて、

英語で何かを強調したい時、

なが〜〜〜〜い:loooooong
おっきい:biiiiiiiig

のように書くことができます。

日本語の感覚と似ていますね^^

ただし、
これはかなりカジュアルな使い方です。

使う場所と相手には気をつけましょうね^^

読んでいただいてありがとうございます。

それでは、また!
キャンピリ由貴

*−*−*−*−*−*

広い地球上で
奇跡ともいえるあなたとの出逢い
あなたの人生に
何かしらでも関われたなら。
自然体の私で
縁のあるあなたとインスパイアし合えること。
とても嬉しく思います。
ありがとうございます^^

*−*−*−*−*−*

SNSでもご購読できます。