【ネイティブ生英語】 自動車事故に遭った

こんにちは! キャンピリ由貴です。

オーストラリアのエレベーターがややこしい(* *)
続きはのちほど^^

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

このブログでは
中学生レベルの知識でバッチリ使える!
ネイティブの自然な生英語をお届けします。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

英語のフレーズ
いろいろ憶えたはずなのに
いざとなるとパっと出てこない…
そんなあなたにお届けする

今日のネイティブ生英語は

私の叔父が、先週自動車事故に遭った。

自動車事故に遭う
って英語で?

My uncle was in a car accident last week.

【今日の音声】

今日のポイントは…

was in a car accident
自動車事故に遭った

基本的には
accident = 事故

と思っておけばOK!

in という前置詞は
「〜の中」という意味で知っている人も多いはず。

今日の生英語では
「誰かが〜な状況にある。」
という時にも in を使えるという例です。

あとは…

last を使って時を表す表現をいくつか^^

last month:先月
last year:昨年
last summer:去年の夏

上手に活用しちゃってね♪

これで、

My uncle was in a car accident last week.

も、中学英語でバッチリ!

さて、

建物の階層を示す時

イギリス英語では、

1階:ground floor
2階:first floor, level one など

となります。

アメリカ英語では日本語と同じ感覚の、

1階:first floor, level one
2階:second floor, level two

です。

オーストラリアも
イギリス英語の影響を受けているので、
イギリス式の呼び方になります。

これ、
ビルの中のお店や事務所を訪ねる時、
エレベーターのボタンを押す時、

慣れるまでにしばらくかかりました^^
一瞬、変な感じになるんですよね。

「あれ、何階?」みたいな。

あなたも
イギリスやオーストラリア旅行の際には
その不思議感覚をぜひ味わってみてくださいませ。

イギリス英語とアメリカ英語の違い

「興味がある」
というリクエストがあれば、

時々紹介していきますね^^

読んでいただいてありがとうございます。

それでは、また!
キャンピリ由貴

*−*−*−*−*−*

広い地球上で
奇跡ともいえるあなたとの出逢い
あなたの人生に
何かしらでも関われたなら。
自然体の私で
縁のあるあなたとインスパイアし合えること。
とても嬉しく思います。
ありがとうございます^^

*−*−*−*−*−*

SNSでもご購読できます。