【ネイティブ生英語】 トイレットペーパーが切れる

おはようございます! キャンピリ由貴です。

ラッキー★ 
無料でもらっちゃいました♪

続きはのちほど^^

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

このメルマガでは
中学生レベルの知識でバッチリ使える!
ネイティブの自然な生英語をお届けします。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

英語のフレーズ
いろいろ憶えたはずなのに
いざとなるとパっと口から出てこない…
そんなあなたにお届けする

今日のネイティブ生英語は

「トイレットペーパーがもうすぐなくなるよ」

在庫がきれる、という状況。
さて、英語で何と言う??

もちろん中学英語に出てきた単語でOK!

We’re running out of toilet paper.

【今日の音声】

今日のポイントは…

run out of 〜

〜が切れる という意味。

今回は toilet paper という物品だけど、

時間や契約期限などにも使えますよ。

例:
We’re running out of time.
(私達)もう時間がないよ。

約束の期限までにあまり時間が残されていない
間に合わなくなっちゃうよ。
という状況で使います。

このフレーズで検索してみると…
環境問題の記事が最初にヒットしました。

もう時間がないんだ、という
渓谷に使われているんですね。

ちなみに、
なぜ are running という
be動詞+動詞ing形 になっているのかと言うと…

これは、近い未来の状況を表しています。

be動詞+ing形 は「現在進行形」と
中学で習った事を憶えている人は多いはず。

もし

We’re running out of toilet paper.

が現在進行形なら、

「私達今まさにトイレットペーパーが
無くなっている最中です。」

と,おかしな意味になりますよね。

この形は「近い将来のこと」
を表す事もあります。

だからここでは

「なくなりそう」
「もうすぐ終わり」

という意味なんですね〜。

英語を見聞きしていて、
「あれ?現在進行形と考えると
何か意味が通じないな…」
と感じた時

「あ、近い将来のことを言っているのかも?」
と気づけたら喜んじゃってください^^

これで

We’re running out of toilet paper.

も中学英語でバッチリ!

さて、

こちらオーストラリアでは、
大手のスーパーマーケットにて
会計を自分で済ませることができるシステムが
発達しています。

品物を自分でスキャンして
袋につめて
最終的にでてきた金額を
コイン・お札投入口へGO!

ただ、結構トラブルが発生するんです
この機械。

例えば…

タッチパネル上にその商品が存在しない
とか
セール品だけど定価が表示される
など。

こうなると結局店員さんを呼ぶことに…

昨日もそんなことがありました。
「ラッキー★」はその時起こったんです^^

店員さんがパネルを確認しても
その商品が見つからない…。

「あれ、おかしいですね。
はい、じゃこれは無料で。」

え、いいんですか??
それはレモンだったのですが、

あ、無料になるならもう2、3個
かごに入れておけばよかった〜

な〜んて
セコい考えをもったのでした(笑)

ま、こういうことは
意図的にやっていないから

ラッキー★

なんですよね^^

あなたにもこんな
小さなラッキー経験ありますか??

読んでいただいてありがとうございます。

それでは、また!
キャンピリ由貴

*−*−*−*−*−*

広い地球上で
奇跡ともいえるあなたとの出逢い
あなたの人生に
何かしらでも関われたなら。
自然体の私で
縁のあるあなたとインスパイアし合えること。
とても嬉しく思います。
ありがとうございます^^

*−*−*−*−*−*

SNSでもご購読できます。