【ネイティブ生英語】 トイレじゃだめですか…?

こんにちは! キャンピリ由貴です。

アメリカで toilet って言ったら…

続きは後ほど^^

日曜版は
今週お届けした生英語を
さらに真似して脳にインストール

ちょっとだけ深堀ピックアップ単語

でお送りします!

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

このブログでは
中学生レベルの英単語の知識で
バッチリ使える!
ネイティブの自然な生英語をお届けします。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

いざという時
知っている単語をただ並べるだけ
なかなか文章でパっと口から出てこない

そんなあなたにお届けした
今週のネイティブ生英語は

どう対処したらいいんだろう?
How should I handle this?

【音声】

最近困った事を思い出しながら声に出してみる。

「やる事いろいろ抱えすぎだよ〜」
You’ve got too much on your plate.

【音声】

仕事や家事など、忙しくし過ぎている
友人知人に言ってみる?

「トイレットペーパーがもうすぐなくなるよ」
We’re running out of toilet paper.

【音声】

予備がもうすぐきれそうなものを
toilet paperと入れ替えて言ってみよう。

<ちょっとだけ深堀ピックアップ単語>

今日は

toilet

をピックアップ!

アメリカでは「トイレ」を
bathroom と言います。

これ本当は「トイレそのもの」
を指すわけではないんですよね。

バスタブ、洗面台、トイレを含んだ部屋
これが bathroom です。

そして…
イギリス英語では「トイレ」は
toilet でOK!

ここオーストラリアでも
トイレ=toilet で通じます^^

ちなみに、オーストラリアでは
必ずしもトイレとお風呂が一緒ではない。
だから言葉を使い分けるということだそう。

もっともな話ですよね^^

確かに言った事のある家で
トイレはトイレだけ。
という場所は普通にありました。

で、今回せっかくなので、

オーストラリアで使われる

toilet の別名を紹介します♪

the dunny

the loo

このうち
dunny は割と若い子たちの間で使われます。

「私が使ってもいい?」
とオージーの知人に聞いたところ…
「使わない方がいい」と言われました^^

loo の方なら私も使っていいみたいです^^

dunny はいまいち…、というのは
日本語で言うとどんな感覚なんでしょうね。

女性が
ちょっと私便所行ってくるわ」ってな感じ??
いや〜、知人の態度では、
これよりもっとダメそうな感じでしたね(笑)

いかがだったでしょうか?

さて、

トイレネタ。

オージーの友人の
アメリカ旅行の時の話

レストランでトイレに行こうと思って

“Where is the toilet?”

と店員に聞いたら、

「ハァ〜??? toilet だって。」
と半ば馬鹿にしたような反応をされたそうです。

確かに…

アメリカではトイレは

bathroom や restroom

と言いますが…。

さっきも書いたように、
トイレという部屋にはトイレしかない。
という文化なら、
トイレをtoilet
と言って何が悪い、って感じですよね^^

ちなみに
アメリカ人には
toilet=便器
と聞こえるらしいです。

だから

“Where is the toilet?”
と言ったら
「便器はどこ?」

となるわけですね。

文化の違い。
理解し合えるところは理解し合って
気持ちのいいコミュニケーションを
できたらいいよね〜、と思うのでした。

読んでいただいてありがとうございます。

それでは、また!
キャンピリ由貴

*−*−*−*−*−*

広い地球上で
奇跡ともいえるあなたとの出逢い
あなたの人生に
何かしらでも関われたなら。
自然体の私で
縁のあるあなたとインスパイアし合えること。
とても嬉しく思います。
ありがとうございます^^

*−*−*−*−*−*

SNSでもご購読できます。