【ネイティブ生英語】 期待しすぎちゃってない?

こんにちは! キャンピリ由貴です。

初体験でした。

続きはのちほど^^

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

このブログでは
中学生レベルの知識でバッチリ使える!
ネイティブの自然な生英語をお届けします。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

英語のフレーズ
いろいろ憶えたはずなのに
いざとなるとパっと口から出てこない…
そんなあなたにお届けする

今日のネイティブ生英語は

「高望みしすぎちゃだめだよ。」

高望み、って英語で??

もちろん
あなたが知ってる単語で言えちゃいます♪

Don’t get your hopes up.

【今日の音声】

今日のポイントは…

get someone’s hopes up

実際に起こるかどうかわからない事を期待させる
というニュアンスです。

someone’s のところには、
高望みしている人物、何かが起こる事を期待している人物を入れます。

そこで今日の場合、

Don’t get your hopes up.

Don’t 〜 : 〜しないでね・〜するなよ

否定の命令形+get your hopes up
なので、話しかけている相手に対して
「高望みしすぎちゃだめだよ。」
「期待しすぎないように。」

と注意しているわけです。

「高望み」の他にも
「ぬかよろこび」なんて日本語も
ぴったり当てはまるかも知れません。

例えばこんな表現。

I don’t want to get your hopes up, but ….
(あなたを)ぬか喜びさせたくはないけど…

なんて感じで。

どれも簡単な単語たちばかり^^

これで

Don’t get your hopes up.

も中学英語でバッチリ!

さて、

昨日、人生発のapple製品を買いました。
ずいぶんと出遅れ感はあるけど(笑)

しばらく前にも書きましたが、私は視覚障害なので
PCを扱う時は画面の文字を見るよりも、
音声で操作することがほとんど。

apple製品には”voice over(以下vo)”という
画面を音声で読み上げてくれる機能が
出荷時の状態でインストールされています。

とはいえ、
最初はまずvoを設定しなくてはいけないし、
vo環境でのジェスチャーは通常のそれとはちょっと違うので、
練習する必要があります。

appleの専門店では購入後、
使い方を教えてくれる流れが整っているんですね。
それで、私もvo環境下での使い方を
2時間くらい教わりました^^

担当してくれた女性が最後に言ったんです。
「一通りのプロセスをこんなに早く済んだのは初めて♪」
と。

「え?既に2時間も経ってますけど…??」
と思って
「うそでしょ?」
という表情をしていたら、

「ほんとほんと、普段voを教える時は
5時間くらい平気で付き合うのよ。」
と彼女が言っていました。(驚)

私にとっては、英語で機会の仕組みを聞き
ジェスチャを理解して練習した2時間だけでも
脳はかなりへとへとでした。
5時間なんて無理無理(笑)

あとはこれからひとりで楽しみながらがんばろっと。

生活を便利にする
おすすめアプリがあれば
ぜひ、このメールに返信で
教えてください^^

読んでいただいてありがとうございます。

それでは、また!
キャンピリ由貴

*−*−*−*−*−*

広い地球上で
奇跡ともいえるあなたとの出逢い
あなたの人生に
何かしらでも関われたなら。
自然体の私で
縁のあるあなたとインスパイアし合えること。
とても嬉しく思います。
ありがとうございます^^

*−*−*−*−*−*

SNSでもご購読できます。