【ネイティブ生英語】 とっさの時に英語が出てこない原因

こんにちは! キャンピリ由貴です。

あなたは英会話で
とっさに言葉が出てこなくて
困ったことはありますか?
続きは後ほど^^

日曜版は
今週お届けした生英語を
さらに真似して脳にインストール

ちょっとだけ深堀ピックアップ単語

でお送りします!

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

このブログでは
中学生レベルの英単語の知識で
バッチリ使える!
ネイティブの自然な生の英語をお届けします。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

いざという時
知っている単語をただ並べるだけ
なかなか文章でパっと口から出てこない

そんなあなたにお届けした
今週のネイティブ生英語は

すべて順調にいってるよ。
Everything is going well.

【音声】

話せるようになるためには声に出す!

たまには自分の時間が必要だよ。
I need a little time for myself once in a while.

【音声】

主語を変えて、家族や友人に
声を掛けてあげるのもいいですね^^

37週で破水しました。
My water broke at 37 weeks.

【音声】

いくら日本語とそのまま同じ、と言っても、
声に出しとかないと、いざと言う時に言えないですよ!
この状況は、かなりレアなケースかも知れないけど(笑)

<ちょっとだけ深堀ピックアップ単語>

今日は

everything

をピックアップ!

今日のポイントは

every とつく名詞が主語のときには

「そのあとに続く動詞は単数の形になる」
ということ。

ぴんとこないあなた…
中学で習ったことを
ちょっとだけ思い出してみましょう^^

数えられる名詞は、複数になると単語の形が変わる、
というのはなんとなく憶えていますか?

例えば、

a computer → two computers
1台のPC  2台のPC

toothe  → teeth
1本の歯  複数の歯

he → they
彼  彼ら

ね、ありましたね、こんなの。

そして、
主語が単数の時と複数のときとでは
そのあとに続く動詞の形も変わります。

He is cool!
彼ってかっこいい!

They are cool!
彼らってかっこいい!

はい、この辺をちょろっと思い出したところで
本題に入ります!

じゃあ、今日のピックアップ単語

everything : 全部 全て

これって、単数ですか? 複数ですか?

全部、なんだから複数でしょ?
と思いますよね。

でも、もう一度生英語を見てみてください。

Everything is going well.

あら、主語は複数なのに
動詞は is って単数の主語に使う時の形です。

はい、これが今日のピックアップの理由。

every〜 という単語が主語になる時は
そのあとに続く動詞は単数の形です。

いくつか紹介しておきます。

Everyone has …
みんな

Everybody likes …
みんな

Everywhere was …
どこも

とこんな感じになります。

こういうものたちこそ
理論や知識よりも、声に出して体に覚えさせておいて
とっさの時に流れるように口をついて出てくるといいですね♪

さて、

英語学習のカウンセリングや
学習アドバイスをしていると
次のような悩みをよく聞きます。

「とっさの時に、英語が口から出てきません。
どうしたら話せるようになりますか?」

こういう場合たいてい2つの理由に絞られます。

1.そもそも頭の中に表現の在庫がない。

2.瞬間的に発声できるように熟成していない。

では、
1.そもそも頭の中に表現の在庫がない。
についてお話します。

こういった悩みを抱えている方の
実際のお話を聞いてみると、

そもそも基本的な表現を知らない場合がよくあります。

具体的に言えば…

中学で習った単語の意味を憶えていない。
中学で習った基本の文法を知らない。

ということ。

外国人から道を尋ねられた時、
旅行先で自分が道を尋ねる時、

とっさに表現が口から出てこなかったんです。
という方に、

「じゃあ、改めて
どういう風に言えたと思いますか?」
と尋ねると…

left, right くらいは知っていても、
曲がる、だったり、
反対側に、といった
道案内に必要な単語を知らないのです。

これは「とっさの時に言えない」
というのが問題ではなく、

そもそも知らない
というのが問題です。

ここ、意外と勘違いしている人が多いんですよ。

中学・高校と6年もやってきたのに…。
やってきた、と言っても
テスト前にしかやらなかったのでは
実は「やってきた」なんて単なる思い違い(笑)

これを読んで、ちょっとチクっときたなら、
まずは表現の在庫を
どんどん頭の中に増やしていく必要があります。

いわゆる「インプット」が最優先
ということ。

これがいけたら次の課題
「瞬間的に言えるように熟成」
というステップに入ります。

あなたはどうですか?

実はそもそも表現を知らないかも??
と思ったなら、

あなたが表現したい英語を
まずはインプットする。

そこから始めていきましょう!。

次回の日曜版でこのことについてお話します。

読んでいただいてありがとうございます。

それでは、また!
キャンピリ由貴

*−*−*−*−*−*

広い地球上で
奇跡ともいえるあなたとの出逢い
あなたの人生に
何かしらでも関われたなら。
自然体の私で
縁のあるあなたとインスパイアし合えること。
とても嬉しく思います。
ありがとうございます^^

*−*−*−*−*−*

SNSでもご購読できます。