【ネイティブ生英語】 ジンギスカン

こんにちは! キャンピリ由貴です。

オーストラリアに来てから
そのおいしさを知ったもの

続きはのちほど^^

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

このブログでは
中学生レベルの知識でバッチリ使える!
ネイティブの自然な生の英語をお届けします。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

英語のフレーズ
いろいろ憶えたはずなのに
いざとなるとパっと口から出てこない…
そんなあなたにお届けする

今日のネイティブ生英語は

彼は家族の中の厄介者なんだよ。

意外な動物が登場。

He is the black sheep of the family.

【今日の音声】

今日のポイントは…

black sheep

厄介者=黒い羊

ということですが…。

キャラクターとかぬいぐるみにしたら、
「黒い羊」ってかわいくなりそうじゃないですか??
それが「厄介者」だなんて…。

ま、それはともかく^^

日常生活において日本語で
家族に対して「厄介者」
ということはあまりないかも知れませんよね^^;

でも、英語ではそこそこ
この言い回し使われるようです。
少なくとも、ドラマとSNSで目にしました。

となると…

「厄介者」よりももっといい日本語にあてはめたくはないですか??

そこで、類義語を探してみました。

お荷物、困り者、悩みの種
迷惑な人、鼻つまみ

などがありました。
どうでしょう??

張り切って使いたい言葉ではないですが、
もし、日常的な言葉にあてはめるなら
「お荷物」の方がまだ使うかな?
と思ったのですが、
あなたはどう思いますか?

ちなみにこの black sheep は
基本的には「家族内」のトラブルメーカーを指します。

今日の生英語は
表現としては難しくないですよね。

これで

He is the black sheep of the family.

も中学英語でバッチリ!

さて、

羊肉と聞いて、あなたが真っ先に思いつくのは何ですか?

オーストラリアに来る前の私なら

迷わず
「ジンギスカン」
と答えたと思います^^

でも、今の私ならこれ♪
↓ラムカツレツ(lamb cutlet)

ムカツレツ レシピ

日本では「骨付きラム」と呼ばれているみたいですが、
こちらでは

「lamb cutlet(ラムカツレツ)」

で売っています。

脂がのってしかも身がやわらかい。。。
オーストラリアに来たら、絶対おすすめの一品!

と思ったら、
日本にも輸出されているみたいですね。

見かけたら、
躊躇せずに購入することを
お勧めします。
安くはないけど^^

その後は自己責任でよろしく^^

読んでいただいてありがとうございます。

それでは、また!
キャンピリ由貴

*−*−*−*−*−*

広い地球上で
奇跡ともいえるあなたとの出逢い
あなたの人生に
何かしらでも関われたなら。
自然体の私で
縁のあるあなたとインスパイアし合えること。
とても嬉しく思います。
ありがとうございます^^

*−*−*−*−*−*

SNSでもご購読できます。