【ネイティブ生英語】 シドニーのお正月

こんにちは! キャンピリ由貴です。

オーストラリアの三が日ってどんな感じ?

続きは後ほど^^

日曜版は
今週お届けした生英語を
さらに真似して脳にインストール

ちょっとだけ深堀ピックアップ単語

でお送りします!

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

このブログでは
中学生レベルの英単語の知識で
バッチリ使える!
ネイティブの自然な生の英語をお届けします。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

いざという時
知っている単語をただ並べるだけ
なかなか文章でパっと口から出てこない

そんなあなたにお届けした
今週のネイティブ生英語は

迎えに行くから
I’ll come and get you.

【音声】

実際に電話口で言ってみよう♪

Her red coat is really eye-catching.
彼女の赤いコート、ほんと眼をひくよね。

【音声】

最近街中であなたの目を引いたものは何??
年末年始、きっと何かあったはず。

もし、働かなくていいとしたら
どんな仕事をしたいですか?
What work would you do, if you didn’t need to work?

【音声】

人生を変える質問。
自分に問いかけてみましょう^^

<ちょっとだけ深堀ピックアップ単語>

今日は

get

をピックアップ!

先週の日曜版で 句動詞 の紹介をしました。
これを操れると、一気にネイティブらしく
なってしまうというツール

↓前回の記事「put の句動詞」はこちら
句動詞・群れ動詞って
何?

前回の
put through に引き続き

今回も
あなたのネイティブ度を一気に引き上げる
句動詞を紹介します!

get を使った句動詞

get on the plane:飛行機に乗る

get along:仲がいい・うまくいっている

get away:逃げ出す・その場を離れる

get over 〜:〜を乗り越える
(〜にはつらい出来事や病気などが入る)

どうですか^^

たかが get
でも、かなりのスグレものでしょ。

英語って実は
こういう簡単な単語を使いこなせると
かなりネイティブらしい表現ができるんです^^

気になるものがあったら
辞書を使って

あなたが使いたい例文を
どんどんインプットしてくださいね^^

さて、

新年ももう5日ですね。
今年のカレンダーからすると、
もう働き出した人が、日本ではほとんどでしょうか。

ところで、
オーストラリアにも三が日みたいなものってあるの?

という質問をいただきました^^

答え:ありません。

はい、以上。

というのも何なので

年明けの様子を少しお話すると

1月1日の元旦は全国的にお休みです。
新年を祝う、という意味でのお休みはこれだけ。

なので、翌日2日からは
街は通常通り動き始めます。

じゃあ、2日からみんな働き出すのか??

というと、実はそうでない人も多くいます。
どういうことか?

年明けのこの時期、
まだまだクリスマス休暇中♪
という人たちも多くいるんです。

そんな感じで日本のお正月とは
大分趣が違うんですね〜。

正直、私はあまり
こちらでのお正月は
「新年を迎えた」という実感を持てません^^;

もしよかったら
あなたのお正月の様子を
ぜひ聴かせてください。

ちょっとでもお正月感を
味わえたらうれしいですね〜。

今日も読んでいただいてありがとうございます。

それでは、また!
キャンピリ由貴

*−*−*−*−*−*

広い地球上で
奇跡ともいえるあなたとの出逢い
あなたの人生に
何かしらでも関われたなら。
自然体の私で
縁のあるあなたとインスパイアし合えること。
とても嬉しく思います。
ありがとうございます^^

*−*−*−*−*−*

SNSでもご購読できます。