【ネイティブ生英語】 元カレ

こんにちは! キャンピリ由貴です。

突然ですが、
あなたが初めて異性と付き合ったのは
何歳のこと??

今日は12歳の女の子の
微笑ましい??
悩みを生の英語でお届け^^

あなた自身、その当時の年齢のことを
思い出しながら読んでみてください^^

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

このブログでは
中学生レベルの知識でバッチリ使える!
ネイティブの自然な生の英語をお届けします。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

英語のフレーズ
いろいろ憶えたはずなのに
いざとなるとパっと口から出てこない…
そんなあなたにお届けする

今日のネイティブ生英語は

今彼は元カノと同じ学校なの。

he’s at a school with his ex.

【今日の音声】

今日のポイントは…

ex-

“ex”というのは
「前」という意味を表す接頭辞。

ex-boyfriend:元カレ
ex-wife:前妻
ex-prime minister:前首相

ex- に似た意味の単語で

former

があります。

この2つ何が違うかと言うと…

一般的に言われているのは

ex=前
former=元

なのですが。

ネイティブ感覚としては

どちらも既にその職や関係を終えた人を指すのだけれど
ex はネガティブな終わり方。
former はネガティブではない終わり方

という違いがあるんだそう。

だから ex-wife と言えば、
奥さんの浮気のすえに離婚、とか^^;

ex-president なら汚職で退任とかね。

とはいえ
英語を教えているネイティブの先生の意見によれば
使い分けがややこしい単語のひとつのようで
ネイティブですら使い分けていない人もいるらしい(笑)

でも、実際に検索エンジンで使われ方を分析すると
やっぱり、評判の悪い「前」の●●には
ex が使われている割合が断然多いらしいのです。

だから
見聞きする時にこの違いを知っていると、
話を「はは〜ん」と思いながら理解できるというわけ。

とはいえ
自分が話す時には、どっちが正しい?と
気になって話せないよりは
とりあえずどっちかさっと言ってしまってもいいかもですよね。
もし勘違いで受け止められても、たいした問題のない会話なら^^

そんな理由から
男女関係の話の時には
ex- は頻発というわけ^^

これで

he’s at a school with his ex.
も中学英語でバッチリ!

さて

この発言をしたのは12歳の女の子。

小学校の頃少し付き合った彼が、
中学校では、その彼女と別の女の子(その子も元カノらしい^^;)
と同じ学校に通っていると。

で、気が気ではない女の子が
その胸の内を明かした一言が
今日の生英語だったというワケ。

12歳で元カノとか元カレとか
私にはよくわからん。

このくらいの年の子の
彼氏・彼女の定義って何なのか?

そんな年頃のお子さんをお持ちの読者さん
ぜひ教えてください^^

読んでいただいてありがとうございます。

それでは、また!
キャンピリ由貴

*−*−*−*−*−*

広い地球上で
奇跡ともいえるあなたとの出逢い
あなたの人生に
何かしらでも関われたなら。
自然体の私で
縁のあるあなたとインスパイアし合えること。
とても嬉しく思います。
ありがとうございます^^

*−*−*−*−*−*

SNSでもご購読できます。